サプリメント コエンザイムQ10

MENU

かしこいコエンザイムQ10のとり方を公開

20歳をピークに減少してしまうコエンザイムQ10。

 

ストレスや偏食などが原因で少なくなる場合も。

 

不足しがちなコエンザイムQ10を補うにはどうしたら良いのでしょうか?

不足するコエンザイムQ10を効率良く補うには

コエンザイムQ10が、最も多く含まれているのは、活発に運動をする魚、イワシ、サバ、ブリなどの血合いの部分です。

 

海の生き物をよく食するイヌイットは、心臓病や生活習慣病にかかる人が少ないことで知られていますが、それはコエンザイムQ10を多く含む海産物を多く食べているからではないかと言われています。

 

しかし、残念ながら私たちが普段の食生活でコエンザイムQ10を十分にとることは難しいと言えます。

 

医薬品としてのコエンザイムQ10の容量としては日本で想定されているのは、「成人で1日30mg」ですが、これを食物でとるとしたら、イワシなら約6尾、牛肉だと950gという量を食べる必要があります。

 

健康な人が、健康維持や老化防止のために必要なコエンザイムQ10のるよは、1日30~60mgが目安とされています。

 

バランスのよい食事を心がけるとともに、不足分はサプリメントなどの栄養補助食品を上手に利用することが、コエンザイムQ10をより効率的に摂取する方法と言えます。

 

コエンザイムQ10は、油に溶けやすい脂溶性であるため、食べ物でとる場合、油で調理sるうとより効果的に吸収されます。

 

サプリメントでとる場合も、空腹時よりも食後に、それも昼食や夕食などの油を多く含む食事の後30分以内に飲むと効率よくとることができます。
また、何回かに分けてとるほうが多く吸収することができます。

 

エネルギー生産を高めたいのであれば、ビタミンB群を、抗酸化作用をアップしたいならビタミンEやビタミンCと一緒にとると良いでしょう。

いきいきとした?日を助けるコエンザイムQ10

がん、糖尿病、肝硬変、低血圧、慢性頭痛などの患者の体内では、コエンザイムQ10が少なくなっていることがわかっています。

 

また、病気以外でも、コレストロールを下げる薬(スタチン系高脂血症治療薬)をとっている場合や、偏食、ストレス、激しい運動などでもコエンザイムQ10を消耗してしまうため、年齢に関係なくコエンザイムQ10が足りない人は少なくありません。

 

コエンザイムQ10を補給することは、元気で健康な生活を送る一助となるでしょう。

 

<コエンザイムQ10を効率よくとる秘訣>

 

1.コエンザイムQ10は、食物では魚の血合いに最も多く含まれている
2.コエンザイムQ10を1日にとる目安量は30~60mg
3.コエンザイムQ10は油に溶けやすいため、食物は油で調理する
4.食事だけで十分にとるのは難しいため、サプリメントを上手く活用すると良い
5.サプリメントを利用する場合は、食後30分以内にとると吸収率が良い
6.サプリメントは、油物をよく食べる昼食後と夕食後に分けて飲む
7.ビタミンB群、ビタミンE、ビタミンCと一緒にとると効果がアップする

 

カネカ還元型コエンザイムQ10