カネカ コエンザイムQ10

MENU

コエンザイムQ10できれいになる

美しい肌と、脂肪が燃えやすい体質をつくる。
アンチエイジングにもすぐれた効果があります。

 

コエンザイムQ10は、美肌づくりとダイエットにも効果抜群dせう。
強い抗酸化作用をもち、新陳代謝を活発にする働きもあるので、老化の原因を取り除き、シミやシワのない若々しい肌と、体脂肪の少ない健康的な体へと導きます。

 

肌のターンオーバーのサイクルを早める

皮膚は、表皮、真皮、皮下脂肪の3つの層からなっています。
皮膚の本体といえる真皮の大部分は、コラーゲンという繊維状のたんぱく質でできています。

 

コラーゲンは、肌のハリとみずみずしさを保つ原動力です。

 

コラーゲンの新陳代謝が活発に保たれている限り、肌のかさつきやシワは起こりません。

 

コラーゲンは、真皮中の繊維芽細胞で作られます。
コエンザイムQ10はが十分にあると、この細胞が活性化され、コラーゲンが合成されます。

 

真皮細胞は、定期的に新しい細胞と入れ替わります。
そのサイクルは、20歳くらいまでは1ヶ月、20歳から40歳までは、2ヶ月、というように、加齢によってだんだん長くなっていきます。

 

コエンザイムQ10は、新陳代謝を活発にし、真皮細胞のターンオーバーのサイクルを早めます。

 

また、コエンザイムQ10は、強力な抗酸化作用で、皮膚の活性酸素を取り除き、シミやシワを防ぎます。
紫外線やストレス、不規則な生活などによって、皮膚の中では活性酸素が大量に発生します。

 

それがメラニン生産細胞に届くとシミになり、コラーゲンを老化させてシワをつくります。

L-システインやビタミンE。美肌づくりの強い味方

コエンザイムQ10と並んで美肌づくりに効くのが、L-システインとビタミンEです。
シミ予防の市販薬などに含まれるL-システインは、イオウが結合したアミノ酸で、活性酸素を吸収します。
そのため、高い抗酸化作用を持ちます。

 

一方、若返りビタミンとして知られるビタミンEは、自らが活性酸素に酸化されて身代わりとなることで抗酸化力を発揮します。

 

しかし、いったん酸化されたビタミンEは、抗酸化力を失うだけでなく、今度は自らが別の物質を酸化する危険性を秘めています。

 

そこにコエンザイムQ10が一緒に存在すると、酸化されたビタミンEは、すみやかに本来の成分にもどり、無駄なく利用されます。

エネルギー生産を高め、健康的にダイエット

コエンザイムQ10には、ダイエット効果があることも実証されています。
これは、コエンザイムQ10がエネルギー生産を高めるためだと考えられています。

 

コエンザイムQ10がふそうすると、取り入れた栄養の一部しかエネルギーに変えられません。
そのため、エネルギーに変えられなかった糖質や脂質が、体脂肪として体内に蓄えられてしまいます。

 

逆に、コエンザイムQ10が細胞のミトコンドリア内に十分あると、食事でとった栄養が効率よくエネルギーとして生産されるので、余分な体脂肪が蓄積されません。
基礎代謝を高めるので、すでに蓄積されていた体脂肪もどんどん消耗され、減量につながるというわけです。

 

また、ダイエット効果を狙うなら、エネルギーの代謝を促進するL-カルニチンと一緒にとると、より高い効果が得られるでしょう。

 

L-カルニチンは、牛肉などに含まれていますが、サプリガイドも多数市販されています。
脂肪の蓄積を抑える効果があり、抗酸化作用にもすぐれた物質です。

 

コエンザイムQ10と同じように加齢とともに減少するため、サプリメントや食品などで積極的に補う必要があります。

 

<コエンザイムQ10の美容効果>
1.コラーゲンの合成を促し、ハリのあるみずみずしい肌をつくる
2.細胞のターンオーバーを早め、くすみやシミなどの原因、肌の「サビ」を除去
3.老化の原因、活性酸素を除去し、肌のシミやシワを防ぐ
4.食事に含まれる脂肪や糖質をエネルギーに変えるので、余分な体脂肪がつかない
5.しでについた体脂肪をエネルギーに変えるので、体脂肪が減る
6.血行がよくなり、気になる下半身のむくみが解消される

 

 

カネカ還元型コエンザイムQ10