MENU

34歳 ココ数年で一番疲労感を感じる

疲労感は、ここ数年で一気に感じるようになってきました。

 

数年前までは徹夜をしても残業をしても、次の日はまだ普通に仕事が出来ていました。

 

しかし最近では残業も10時を過ぎてしまうと、次の日に響くようになりました。

 

次の日の朝の自分の顔を見ると、目は充血していたり、お化粧のりが悪かったり、むくんでいたり、といった症状が現れます。

 

体が重く感じたり、だるく感じたりといった症状もあります。

 

当然、それと同時に仕事の効率も下がります。この疲労感をその日のうちに解消出来ないと、次の日にはまた新たな疲労が蓄積され、どんどん疲労感が増していくことになります。

 

若いうちは疲労を感じることも少なく、もし感じたとしてもすぐに解消することが出来ました。

 

しかし年を重ねるにつれ、疲労を感じる頻度も高くなり、そしてその疲労を解消するのにも時間がかかるようになってしまいました。

 

結果として前の疲労をしっかり解消出来ないまま、次の疲労がやってくるという悪循環に陥るようになってしまっているような気がします。

社会人になってから、疲れが抜けきれないまま朝を迎える

私は学生時代からどちらかというと朝型人間で、夜は早く寝て、代わりに朝早くに起きて勉強をしたりスポーツをしたり、自分の好きなことをするタイプの人間でした。

 

なので、朝の目覚めがすっきりいかない、ということとは無縁だったような気がします。

 

しかし就職し、社会で働き始めるようになってからは、仕事や仕事上の付き合いなどで帰宅するのが遅くなり、その結果寝るのも遅くなることが多くなりました。

 

やはりそういう時は、朝の目覚めは悪くなります。

 

しかも、ただ遅く寝るだけではなく、精神的にも肉体的にも疲労がある状態で遅く寝るのですから、やはり疲れが抜けきれないまま朝を迎えることになります。

 

朝の目覚めがすっきりいかないと、なんだかその日一日がうまくいかないような気がします。

 

朝の目覚めは一日のスタートを切るのにとても重要ではないかと感じています。

 

朝の目覚めがすっきりいかない原因としては、やはり一番は疲労が原因だと思います。

 

だからといって疲労を解消すれば、必ず朝はすっきり目覚められるわけでもないかもしれません。

 

例えば、一般的に言われていることですが、低血圧の方はやはり朝の目覚めは悪い方かもしれません。

 

万人に共通する朝の目覚めを良くする方法はないのかもしれませんが、それでも前の日の疲労が少しでも解消されれば、朝は多少なりとも気持ちよく目覚められるのではないかと思います。

 

TVで見たコエンザイムQ10

何年か前の健康番組で取り上げられた「コエンザイムQ10」。

 

その時のTVでは、コエンザイムQ10は人の体内に存在するものではあるが、年齢とともに減少すること、そして減少してしまうと疲れやすくなったり、太りやすくなったり、日々の生活をイキイキと元気に過ごすのが難しくなる、というようなことを言っていました。

 

ゆえに、不足したコエンザイムQ10を摂取することで、老化防止(アンチエイジング)や美肌、そしてダイエット効果に期待できると紹介されていました。

 

そのTVを見てから、化粧品などにコエンザイムQ10が配合されていたりすると、ちょっと興味をそそられるようになりました。

 

また、サプリメントとして摂取してみたいという気持ちになり、実際数か月摂取した覚えがあります。といっても、摂取した当時はまだ20代前半で、疲労やアンチエイジングとはあまり関係ない年代ではありました。

 

私自身あまり体が強い方ではなかったのですが、サプリメントを摂取している間は、体調を崩すことが少なかったような気がしましたので、疲労回復や免疫力アップといった効果はもしかしてあったのかもしれない、という気はしています。

 

コエンザイムQ10の知識がとまっていて、還元型にビックリ

「還元型コエンザイムQ10」という言葉は最近耳にするようにはなりましたが、詳しくは今回調べてみて初めて知りました。

 

私の中では「コエンザイムQ10」で知識は止まっていました。

 

「還元型」とついているということは、ただのコエンザイムQ10より何かしらパワーアップしているのだろうなということだけは分かりました。

 

人の体内に存在するコエンザイムQ10は、実は大半が「還元型」なのだそうです。

 

それに対し、今まで世に出回っていた「コエンザイムQ10」は「酸化型」であり、それを摂取した後、還元型へ変換する手間がかかっていたそうです。

 

つまり、コエンザイムQ10がもたらしてくれる効果は同じものでも、人が摂取したときに効率よく機能してくれるのは「還元型コエンザイムQ10」ということになります。

 

そこで、このカネカの「還元型コエンザイムQ10」。

 

身体的疲労感の軽減に役立つことが報告されている「機能性表示食品」なのだそうです。

 

一日の摂取目安量は1粒で、何粒も飲むのが苦手な私にとっては助かる点です。

 

料金は1か月あたり3750円ですが、3個以上購入すると1個あたり500円引き。

 

これは、定期購入に申し込んだ場合もあてはまるそうです。

 

また、とりあえず試してみたい!という人向けには、14日分を500円で提供してくれています。

 

体に取り入れるものなので、こういうお試し用のものがあるのは、本当に助かります。

 

私は、どちらかという化粧品などにお金をかけるのは抵抗があるのですが、体を健康に保つものにはお金を使うことを惜しまないタイプです。

 

カネカの還元型コエンザイムQ10は1か月3750円ということは、1日当たり120円程度ということになりますが、これで日々の疲れがとれ、毎日元気に過ごせるのであれば安い方ではないかと思います。

 

カネカ還元型コエンザイムQ10