MENU

33歳 体の緊張をほぐすことが大切です。

仕事がたてこんだりして疲れが溜まってきたなと感じても、仕事をしている最中はあまり気になりません。

 

一段落して仕事モードからふと我に返ったり、中途半端に休憩をとったりして集中力が途切れると一気に疲労感に襲われます。

 

私の場合、事務職なのでパソコンのやりすぎによる肩の張りや目の痛み、頭痛などの症状が出始めると疲労感を実感します。

 

疲労感を実感してはいても、毎日会社の仕事や家事で手一杯でなかなかゆっくり休むことが出来ず、疲れがどんどん蓄積されていくのが悩みです。

 

疲れすぎると寝付きも悪くなりますし、睡眠も浅くなってしまって、ますます疲れがとれなくなります。

 

食欲も落ちて体力もなくなり、朝目覚めたときから疲労を感じることもあります。

 

疲労感があると体がだるいだけでなく、何もする気が起きなかったり気分が落ち込んだりといった精神面にも影響が出てくると思います。

 

体を休めるだけでなく、疲労回復効果の高い成分が配合されたサプリメントやお薬などで体の中から改善していく必要があると思います。

 

30歳過ぎてから目覚めがスッキリしない

若い頃はわりと寝起きが良かったのですが、30歳を過ぎた頃からスッキリを目覚められなくなってきました。

 

体力が落ち、疲れが溜まりやすくなって寝つきが悪くなったせいもあると思いますが、朝の目覚めが悪いと1日の始まりが憂鬱で嫌です。

 

朝の目覚めが悪いということは睡眠の質も悪いということなので、当然前日の疲れも取れておらず疲労が蓄積されていき、疲れが溜まるとまた眠れず...といった悪循環に陥ってしまうと思います。

 

朝の目覚めが悪いと頭もしっかり働かず、何をするにも効率が悪くてイライラしますし、仕事にも影響が出てしまいます。

 

やる気が起きなかったりボーっとしてしまったり精神面にも悪影響が出ると思います。

 

子どもの頃は朝きちんと起きられずボーっとしていると「しっかりしなさい」とか「甘えるんじゃない」と叱られましたが、この年齢になって朝の目覚めが悪いということは、本人の心構えというよりも加齢による体力の衰えや疲労の蓄積などが多大な影響を与えていると思うので、サプリメントなどで対処する必要もあると考えています。

 

 

疲労回復にもコエンザイムQ10はとりたい

30歳を過ぎてから、日々体力や肌の衰えを感じているので老化防止や抗酸化作用のあるコエンザイムQ10は大変頼もしい成分だと思っています。

 

美容効果や美肌効果だけでなく、糖尿病や高血圧などの生活習慣病を予防する効果もあるということなので、性別や年齢関係なく幅広い世代に必要だと思います。

 

睡眠不足やすっきり起きられないのが悩みなので、疲労回復効果もあるコエンザイムQ10はぜひ摂取してみたいです。

 

また代謝が悪くて重度の冷え性なので、冷えや肩凝りへの効果も期待したいです。

 

調べるほど、美容・健康どちらにも効果を発揮してくれる優れた成分だということが分かりました。

 

体内での合成は加齢ともにどんどん減少していくそうなので、食事やサプリメントなどでしっかりと補っていく必要があると思います。

 

コエンザイムQ10が配合されたサプリメントは沢山発売されていますが、値段にも大きな幅がありますしどれを選んだら良いかよく分からないです。

 

早めの習慣化することの大切さ

コエンザイムQ10が手軽にサプリメントで摂取出来るのが便利で良いと思います。

 

1日中つきまとう疲労感に悩まされてきたので、1日1粒飲むだけで疲労感を軽減出来るというのがとても有難いです。

 

1粒あたりのカロリーも低いので時間を気にせず摂取出来ますし、1粒で良いというのは体の負担にもならなくて毎日続けやすいと思います。

 

還元型のコエンザイムQ10をそのまま摂取出来るので、より高い効果を得られそうですし効果が出るのも早いのではという期待感があります。

 

カネカの公式ホームページを拝見しましたが、研究を続けてこられた商品への自信やこだわりを感じましたし、商品への信頼度が増して使ってみたいという気持ちがより強くなりました。

 

私よりも少し年配の方が使っていらっしゃるようですが、30代のうちから飲み始めれば生活習慣病の予防にもなりますし、疲れにくくて元気な体の基礎を作れるので、アンチエイジングにもつながると思います。

 

いつまでも元気に仕事を続けるために、ぜひ1試してみたいです。

 

カネカ還元型コエンザイムQ10